TOEICでスコアアップを狙うコツ

TOEICにおいては、2時間の試験時間において200問出題されるようになっています。しかも、高得点を狙っていくための前提条件として、時間内においてどのようにたくさんの問題について解いていくかということが大切になるでしょう。また、未だに受験経験がない人にとっては少し分からないかもしれないでしょうが、2時間で200問は時間内においてすべての問題に関して解ききれないような人がほとんどとなっています。また、時間内に少しでもたくさんの問題を解答する(理想については全問解く)には、時間配分について知った上で、それについてきちんと管理しなければならないでしょう。はじめに、問題を解いていくスタンスに関しては、確実に正解していくためにじっくり解いていくということは賢い方法ではありません。つまり、多少でも正解率を犠牲にしてでも時間内についてさらに多くの問題について解いていく方が点数は取れるでしょう。

TOEICの受験を考えています

現在、日本の観光客の多くは中国や台湾などのアジアの方を中心とした外国人です。サービス業で接客の仕事をしていると、外国語を話せる方を尊敬します。また、自分も外国の方々と積極的にコミュニケーションをとれるようになりたいと、憧れを抱いてしまいます。最近では、たくさんの学生の方が長期留学をするような時代になりました。観光客の対応を考えると、中国語を話せるようになりたいのですが、まずは英語をマスターしていきたいです。そのために、TOEICを取得するために、勉強を始めようかと検討しているところです。仕事をしながら勉強をすることは、とても難しいことです。しかし、少しでも英語を話せるようになるために、自分なりに努力をしていきたいです。そして、将来的には、外国語をつかって失礼のない接客を行えるようになりたいです。

TOEICでリーディングがどう変更されたか

TOEIC試験は英語の能力を測定するための国際的な試験です。日本だけでなく世界中で行われています。より英語力を正確に測定できるように新しい仕組みも必要になります。2016年の5月から問題構成が変更されリーディング部分も内容が変わっています。リーディングパートでは100問が設定されています。これは以前と変更はありません。しかし中の構成が変更されています。パートが4つに分かれていてこれまでの文章問題とされていた部分は特に変更がありません。3問があり10の設問が用意されています。それ以外の部分が変化しています。写真描写問題はこれまで10問でしたが6問に減らされています。応答問題も30問から25問に減っています。会話問題はこれまで3問に10の会話で30問でしたが3問に13の会話で39問になっています。会話問題のウェイトが大きくなっていることがわかります。